今日はジャーマンカモミールを求めて来られたお客様が
立て続けに2組。
「寝る前に飲むといいって聞いて。」と言っておられました。

何かテレビででもやっていたのでしょうか?


ジャーマンカモミールは丸く黄色い筒状花と白いたくさんの舌状花を持つキク科の植物です。
4~6月ごろに可憐な花を咲かせます。

その独特の甘い香りや味わい、有効性から世界で最も親しまれている人気
のあるハーブです。

日本には江戸時代にヨーロッパから渡ってきて、カミツレという名前で知られて
います。

ピーターラビットのママが一日の終わりにピーターを眠りに誘うため、
カモミールのハーブティーを飲ませるというお話にあるように、メディカル
ハーブのなかで心に安らかさをもたらすハーブとして第一にあげられるハーブです。

ジャーマンカモミールの効能は、その鎮静作用から心身をリラックスさせるハーブ
として、不眠やイライラの解消などに活用されいています。
消炎作用や鎮痙作用、胃腸の不調や喉の痛み、生理痛、更年期などの女性の不調
季節の変わり目の敏感肌への外用など多くの場面で活躍します。

ハーブティーの入れ方は
ティースプーン山盛り1杯(3g)熱湯200mlをティーポットに入れ5~10分おいた後
濾して飲みます。
1日に3~4回食後か食間に飲みます

フレッシュハーブが採れる時期には是非、無農薬で野生状態で逞しく生えているような
カモミールの花を摘みハーブティを楽しんでみてください。
より優れた芳香と味を楽しむ事ができます。

またカモミールのミルクティも胃腸にやさしくおいしい味になりますのでやってみて下さい。

牛乳200cc ジャーマンカモミール3g
ミルクパンに牛乳とカモミールを入れ弱火で加熱し、沸騰直前で火を止める。
カップに茶漉しでこしながら注ぐ。
ハチミツで甘みを加えてもよいです。
ふんわりと優しい気持ちになる飲み物です。

カモミール2
秋に咲いてたジャーマンカモミール
今は葉っぱだけです。
苗が出るのは3月終わりごろになると思います。
スポンサーサイト

年末年始は、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取と肝臓に負担をかける日々が続きます。
そんなときには、アーティチョークがおすすめです。

アーティチョク キク科 和名:チョウセンアザミ 使用部位:つぼみと葉部と根部
        有効成分:苦味質(シナリン) フラボノイド(スコリモサイド)
             イヌリン 酵素
       
        作用:肝臓、胆のうの修復および機能亢進とそれに伴う強壮
        適応:ストレスやアルコールの過剰摂取による肝臓へのダメージ
           血中コレステロール、トリグリセリド(中性脂肪)等の上昇
           動脈硬化などの諸症状

強肝作用のあるハーブとしてダンディライオンもいいですよ

ダンディライオン キク科 和名:セイヨウタンポポ 使用部位:根部
         有効成分:苦味質(タラキサシン) イヌリン 配糖体 コリン
              ビタミン カリウムなどのミネラル
     
         作用:肝臓、胆のうの修復及び機能亢進とそれに伴う強壮 利尿 緩下
         適応:肝機能低下にともなう皮膚炎などのアレルギー症状 虚弱体質
            およびリウマチ体質 便秘 妊産婦の滋養強壮および催乳

両方とも苦味の強いハーブなので苦くて飲めないときはハチミツで甘みをつけて飲みましょう。

食べすぎ、消化不良にはペパーミントがいいですよ

ペパーミント シソ科 和名:西洋ハッカ 使用部位:葉部 
       有効成分:精油(メントール メントン) フラボノイド カロチノイド 
            アズレン

       作用:胃腸の機能調整 中枢神経(脳)の機能亢進 鎮痙
       適応:消化不良 食べすぎ 食欲不振 胸やけ 心身の疲労
          注意力散漫 眠気 偏頭痛 過敏成長症候群 つわり

      モーニングティーや油っこい食事の後に飲むといいですね。

以上おすすめでした。

摂取の仕方はハーブティーで。(煎じてもいいですが)

栽培して保存してある方はごくわずかだと思うので、その他の方は市販のハーブティーを。
根を使用する場合は、乳鉢ですりつぶし、成分が出やすいようにしましょう。
また、お湯を入れてからの抽出時間は、葉は3~5分で根は5~10分と、根は硬いので
長めにおきます。

忙しいとは思いますが、ほっと一息つく時間も忘れずに。

もちろん、風邪予防にエキナセアも欠かせません。

なんだか喉がイガイガする、乾いた咳が出る、そんな時にはマレインとマローブルーの
ハーブティーがいいです。

マレイン ommon mullein
(学)Verbascum thapsus

耐寒性多年草
利用部位:夏に花が咲いたら、全草を刈り取りします。
明治時代にヨーロッパから渡来し、各地に広がり野生化しています。
日当たりよく、やや乾燥した場所を好みます。

ティーは気管支炎や咳などに用いられます。去痰、粘膜刺激緩和、創傷治癒、抗炎症作用



マローブルー common mallow
(学)Malva sylvestris

耐寒性多年草
利用部位:5~6月の開花期に葉と花を収穫
日当たり、肥沃な土地を好みます。

葉と花は共に粘液質があり、ティーには炎症保護、去痰、収斂、刺激緩和の作用があります。
胃炎、咽頭炎、気管支炎などに用いられます。



それぞれ単独でもいいですし、ブレンドしてもいいです。
一回3グラム、熱湯200ml、3~5分蒸らして飲みます。1日3~5回ぐらい飲むといいです。
1週間ほどで改善されなければ、病院へ。

うちでは、ちょっと咳がでてきたなー、というときに、子供と共に飲んでいます。
味も香りもあまりなく、少しとろみのあるティーです。マローはお湯がブルーになることで
有名。少しだけ酸味がありますが、いたって飲み易いハーブティーです。

今日はめずらしく生理痛でお腹が痛くなり座り込んでしまいました。
痛みは休みなさいという合図と思い、少し休憩することにしました。
生理痛には「ラズベリーリーフ」。ラズベリーリーフはラズベリーの葉っぱです。
子宮や骨盤周辺の筋肉を調整し、過度の緊張を和らげる働きがあって、生理痛や
整理前症候群の緩和によいとされています。

ラズベリーリーフとセントジョンズワートをブレンドして飲みました。

セントジョンズワートは生体リズムを整え、心身の緊張緩和、不眠、抑うつの改善に
用いられます。なので、こんな時にはぴったりのハーブです。

ハーブティーを飲んで暖かいところで休憩したら、痛みも和らぎ、やる気もでてきて、
また仕事に復帰しました。


レモンバームの学名はMelissa officinalis(メリッサ オフィキナリス)。
「メリッサ」は「ミツバチ」という意味のギリシャ語に由来し、このハーブは
蜂蜜やローヤルゼリーと同じ治癒強壮作用をもっているといわれています。
使用するのは葉の部分です。レモンのような爽やかな香りがするお茶は
風邪をひいたときや、暑い季節の飲み物におすすめです。抑うつ症と緊張に
優れた効果があるといわれ、不安や悩みによる胃腸の不調に最適です。
痛みのある腫れ物に外用することも出来ます。(軟膏として)
本に載っている作用としては、鎮静、抗うつ、消化促進、末梢血管拡張、
発汗促進、神経系の緩和、抗ウイルス、抗菌、抗けいれんなどです。

夏の開花前に収穫するのがよいとされています。でも香りはお日様の
光をたくさん浴びている夏の終わりごろが最高です。
フレッシュで楽しめる間はフレッシュで。乾燥するときは高温(60度以上)
だと香りがとびますので注意しましょう。

ティー以外にはレモン風味を効かせたい料理に使うことができます。
肉、卵料理、サラダのドレッシングやシャーベット、牛乳を使った料理など。
レモンの香りはしますが酸味はありません。口に含んだときはすっきりと、
後味はふんわりとしています。

寒さ暑さに強く育て易いハーブです。
種、挿し木、株分けで増やせます。
増えすぎて困るという声もよく聞くハーブです。たくさんあるときはざっくりと
切って袋に入れ、入浴剤として使えば、肌を清潔に、なめらかにします。

レモンバームの精油はとても高級です。2mlで¥5,040!
(ラベンダーは5mlで¥1,260です)でも、濃厚なレモンバームの精油は
強力で、ほんの2~3滴で抑うつ症をみごとに治すといわれています。
精油って凄いですね。

というわけで長々と書きました。結論として、だから苗を買って育てよう!
です。苗は1ポット250円です。

ちなみに、ハーブカフェ富夢創野でもこのレモンバームのハーブティーが
飲めます。(自家栽培のもの。) 意外なことに、35種類あるハーブティーの
メニューの中でレモンバームは第2位です。1位はジャーマンカモミール。

意外、というのは、苗の販売だけのときは、「これなら持っとる」とか
「増えて増えて困るわー」という声をよく耳にし、ありふれたハーブだから
わざわざお店で飲まれることはないだろうと勝手に思っていたからです。
でも、レモンバームの「不安や悩みによる胃腸の不調を改善」
という作用をお読みになって、これを選ばれる方がとても多いです。

少しでもハーブが皆様のお役に立てれば、気持ちが改善されればと
思う今日この頃です。