⑦ハーブガーデニング

 文:ジョージ・カーター
 写真マリアン・マジェラス
 訳:食野雅子
 監修:白井温紀
 発行所:メディアファクトリー

 ハーブを使った20種の植栽プランやガーデニングのテクニック、基本的なハーブの特徴と
 育て方が、美しい写真とイラストで綴られています。
 眺めているだけでもいい、と思うような素敵な本です。こんな風にしてみたい、と思わせる
 素敵なプランがいっぱいです。

 ha-buga-deningu.jpg



ちょっとハーブからは、はずれますが、無農薬栽培に関心がある方におすすめです。

⑧「奇跡のリンゴ」

 著者:石川拓治
 発行所:幻冬舎
 定価:1,300円+税

 青森のリンゴ農家の木村秋則さんの無農薬リンゴ栽培の記録を書いた本です。
 NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』にでられて、とても有名な方なので、ご存知の
 方も多いと思います。この表紙の笑顔がなんとも言えず素敵な方ですが、ものすごいことを
 やってのけておられます。無農薬栽培とはどんなことか、有機栽培の危うさ、自然とは、など
 本当に様々なことが学べます。無農薬栽培を志す方は是非読んでおきたい1冊です。

kisekinorinngo.jpg

⑨「自然栽培ひとすじに」

 著者:木村秋則
 発行所:創森林
 定価:1,600円+税

 上の木村さんが書かれた自然栽培法の本です。自然栽培とは農薬や肥料や堆肥を使わずに
 作物を育てる農法のことです。ここに至までの苦労、経験、と自然農法でのりんご栽培、
 野菜、米の栽培方について書かれています。
 本当に感動的です。目からうろこ、とにかく研究熱心。木村さんに敬服します。

shizennsaibaihitosuji.jpg

 

スポンサーサイト

③「ハーブの写真図鑑」

 著者:レスリー・ブレムネス
 発行所:株式会社日本ヴォーグ社
 残念ながら絶版だそうです。すみません、紹介して・・。

 700種類のハーブが写真と共に紹介されています。
 『ハーブスパイス館』に載っていないものも載っているので、『ハーブスパイス館』と共に
 ハーブのバイブル的存在です。復刊するといいですね。
 色は剥げてて、別物みたいになってしまいました。
 ha-bushashinnzukann.jpg



④「メディカルハーブ」

 著者:ペネラピ・オディ
 発行所:株式会社日本ヴォーグ社
 定価:3,301円+税
 残念ながら、こちらも絶版だそうです。すみません、紹介して・・。

 メディカルハーブについて学びたいと思ったらこの本です。
 薬効をもった120種以上のハーブと植物の写真と、使い方を解説。
 東洋・西洋のハーブ医学の取り組みや、古代から伝わる自然医学の中のハーブ医学
 についての基礎知識が満載です。
 medekaruha-bu.jpg



⑤「土・肥料・鉢」(別冊趣味の園芸)

 発行所:日本放送出版協会
 定価:1,200円+税

 ハーブに限らず、ガーデニングに興味が出てきたら、読んでおきたい1冊です。
 植物を栽培し、ガーデニングを楽しむ上で一番の基本となる土、肥料、鉢について
 基礎知識から実際の写真まで詳細に解説してあります。
 園芸の基礎的な用語の解説などほんとに解り易いです。 
tutihiryou.jpg



⑥「南仏プロヴァンスのハーブたち」

 著者:広田せい子
 発行所:文化出版局
 定価:1,760円+税

 きれいな南仏プロバンスのラベンダーの写真が満載です。
 行ってみたくなります。
 地元の市場の様子や、ハーブを使った料理、とにかく自然な感じで南仏を切り抜いて
 紹介している本です。
nannfutupurobannsu.jpg

ハーブに関する書籍を紹介していきたいと思います。

①「ハーブスパイス館」
 
 発行者:田部井満男  
 発行所:株式会社 小学館
 定価:3,800円+税

 文字通り、ハーブとスパイスに関することが詳しく、正しく、やさしく書いてある図鑑です。
 約750種について、育て方や利用の仕方まで本当にためになる1冊です。
 「ハーブを育ててみたいけど、どうしたらいいか解らない。」「このハーブにはどんな効果があるの?」
 など、栽培に興味がある方や、利用法を知りたい方、色んな品種を知りたい方にお勧めです。
 
 私達も日常的に利用しています。写真もきれいです。
 悩むならまずこの本、というくらい代表的な1冊。

ha-busupaisukan.jpg


②「基本 ハーブの事典」
 
 編者:北野 佐久子
 発行者:今泉 勝弘
 発行所:(株)東京堂出版
 定価:2,200円+税

 この本は北野佐久子さんにより1987年に刊行された『ハーブの事典』をもとに増補・改訂されたものです。
 日本人初の英国ハーブソサエティーの会員にならた方で、他にも多くの著書があります。
 89種類の基本的なハーブについて概略、歴史、薬効、料理、栽培について詳細に書かれてあります。
 行事や伝説など暮らしに中でどのような存在なのかや、ハーブガーデンの紹介など内容はとても濃いです。
 ハーブについて深く知りたい方におすすめの一冊です。

ha-bunojiten.jpg