今日は休園日で、かねてから行きたいと思っていた蛭谷和紙の川原さんの工房へ
出かけてきました。

主人と、開が丘の市民農園の管理人のYさんと私の3人で。

もの凄く山奥で、民家の無い一軒家を想像していたのですが、道路沿いに
ずっと民家が並び、郵便局も近所だし、集落の内の一軒でした。

ただ、その集落が、以前は皆さん紙漉きをされていたそうなのですが、現在は
川原さんお一人しか続けている人がいないということでした。

貴重な作業時間お邪魔したにも拘らず、丁寧に和紙作りのいろいろな事を説明してくださいました。

自宅の2階が展示場兼販売所とされていて(基本的には受注生産なので、行って
すぐに買えるものは限られていますが)、そこで色んな質感の和紙を10枚買って
来ました。

2階に上がって、その和紙の展示を見たとき、美しさに息を呑みました。
birudan3.jpg

私の写真が下手なので、うまく伝わらないと思いますが、タペストリーのように様々な質感の紙が
吊られています。これは見本です。こんなものもできますよ、という例だそうです。
その下の小さいサイズのものを購入しました。1枚500円でした。

美しい絵を額に入れて飾るように、この和紙もただ飾りたいと思う美しさでした。

これを障子に貼れば、実用も兼ねた美しい装飾品になります。

布が好きで、ちょっと可愛いものとか、気に入った質感のものがあると衝動買いしてしまう人は
よくおられると思うのですが、紙好きな人ってやっぱりいるのでしょうか?いるのでしょうね・・。

紙好きの人に是非行ってもらいたいです。

birudan2.jpg

birudann1.jpg
多くの和紙との違いの説明で、コウゾを叩く作業をしてみせて下さいました。

機械化された和紙生産の場合、この作業はミキサーのようなもので繊維を細かくしているそうです。

木の皮の繊維を叩いて広げるのと、細かく刻まれ分断された繊維では、全く紙の持つ性質が違います。

薄く見える紙でも長い繊維が重なりあってできているものと、ばらばらの繊維が固まってできたもの
では質感、強度が全く違うものができるということだそうです。

帰りの車の中で、それぞれの和紙の香りを嗅いでみました。習性みたいなものです。
そこで気づいたことは、以前ラベンダーを漉き込んでいただいた紙が、とてもいい香りだったということです。

他のものは悪い香りとは言いませんが、それぞれのもつ匂いがしました。
あたりまえのことですが、ラベンダーが入っているといい香りがするのだと判りました。

農園にいると、いつもしている香りと同じだから、全然感じなかったんですね。
それに気づけてよかった。

『蛭谷和紙とラベンダーのしおり』よろしくお願いします!富夢創野で販売中。(400円)
washi3.jpg
スポンサーサイト

蛭谷和紙で紙bagを作りました。(試作です)washifukuro2.jpg
幅13cm高さ10cm奥行8cmの小さなバックです。
小物を入れてプレゼントするのにいいなと思いました。
厚手の和紙でつくったので、キリッと出来上がりました。

皆さん 蛭谷和紙(びるだんわし)をご存知でしょうか?
私も実は知らなかったのですが、越中和紙の中の一つだそうです。
越中和紙とは、八尾和紙、五箇山和紙、蛭谷紙の総称です。
他の2箇所の和紙は比較的有名ですが、この蛭谷和紙はあまり知られていないのが
現状です。
 蛭谷和紙の最大の特徴は、原材料を全て、畑で自分で手作りされているということです。
外国からの輸入品や、他の土地のもの一切使用せず、全てをお一人で作業されている
ということです。
 紙の品質もすばらしく、技術も非常に高いものをもっておられるそうなのですが、何分
素人の私には、うまく説明できません。
 そして、残念なことに、蛭谷和紙を継承する方は、たった一人だということです。
富山県の朝日町蛭谷という村で、昔から各家で、農閑期の冬に紙漉きが行われていて、
最盛期には140軒の紙漉きの家があったそうです。
 しかし、村の大火で家がほとんど消滅したことと、紙の需要の変化で、紙漉きを行う家は
1軒だけになったということです。
 その一軒に弟子入りし、蛭谷和紙を継承することとなったのが川原隆邦さんです。そして、
現在は今春に師匠がお亡くなりになり、唯一の継承者となりました。

全てが手作業のため、たくさんは作れませんが、ラベンダーをこの和紙とコラボレートさせて、
なにか素敵なものが創れないかと、ある方から提案を受けて、今回できたのが「ラベンダー
入り和紙のしおり」です。

色々な厚みで紙を作ったり、好きな場所にラベンダーをいれることができるといっておられました。
上質なゴウゾで作られた和紙は、ふかふかとした手触りでなんとも気持ちの良いものです。
和紙の欠点の一つがもったいなくて使えない、と思ってしまうところです。
「どう使えばいいんだろう?」と悩んでしまいます。でも紙だから紙として使えばいいんです、
と川原さんから言われてしまいました。

 今回は試作品をいただき、見た感じで「しおり」にしたら良いと感じたので「しおり」になりました。
またいろいろ考えていきたいとおもいます。
よかったら見に来て下さいね。

washi3.jpg

washi1.jpg

washi2.jpg

ものすごく素朴な感じです。粒を押すとラベンダーの香りがします。
光沢があって端をさわるとふわふわで気持ちがいいです。
紙に粘りがあるので、布みたいに加工もできます。